ホーム>教育

 

みすず学苑の学苑長

みすず学苑は、36年前に創立された、首都圏の老舗予備校です。既成概念の枠を超えたCMは、ネットでも大人気ですよね。

半田晴久さんは、26歳のときに、みすず学苑を設立したそうです。

教育論を、産経新聞に連載してたこともあるとかで、なかなか、興味深い内容でした。公式サイトでも、こちらで読めます。


カンボジア大学設立と支援

半田晴久さんの尽力のもと、2003年に、「カンボジアのハーバード大学」を目指し、カンボジア大学が設立されたそうです。カンボジア大学は、カンボジア初の、政治・文化・経済系総合大学であり、国際レベルのMAやPh.Dを取得できる、カンボジアトップレベルの教育機関であるそうです。半田晴久さんは、カンボジア大学の総長兼政治学部教授をつとめ、半田晴久さんが主宰するワールドメイトが、カンボジア大学の建設と運営資金の支援をしてるそうです。

また、カンボジア大学には、カンボジア全土から集まった上位500人の学生に、scholarshipとして、授業料全額がもらえる奨学金などが、充実してるようですね。

カンボジアは、半数以上が、未成年だといいますし、前途ある学生には、しっかりと教育を受けて、是非、国土再建を果たしてもらいたいものです。

 

カンボジアや中国、アルバニアに小学校建設

半田晴久さんは、カンボジアや中国の最貧地域に、小学校を建設する活動を推進してるそうです。カンボジアには10校、中国には100校の小学校を寄進するために、尽力したそうです。

また、ヨーロッパの最貧国のひとつ、アルバニアにも、小学校と職業学校の建設に尽力したそうです。

カンボジアの孤児院

半田晴久さんが主宰するワールドメイトが、1996年から現在まで、カンボジアの「ワールドメイト未来の光孤児院」の施設建設や、運営費支援を続けてるそうです。

この孤児院には、300人ほどの孤児が在住し、高度な英語教育やコンピューター教育が行われてるそうです。孤児院から進学する子もいるそうで、カンボジアの教育に大きな貢献をしてるといえるでしょう。

また、半田晴久さんの呼びかけで、300人ほどの孤児には、足長おじさん制度として、半田さんの理念に賛同した日本人が、生活費や学費を送る支援活動もあるそうです。